love-hawksブログ

アメックスやJCBなどのクレジットカードやレクサスや輸入車を中心としたネタをYouTubeで配信しております。プライベートはこちらのブログで発信していきたいと思います。

【三井住友カードゴールド(NL)】申し込みはコチラ

三井住友カードゴールド(NL)は、年間100万円を達成すれば、年会費永年無料で持てるコスパが高いゴールドカードです。

【三井住友カードゴールド(NL)】申し込みはコチラ

 

通常の三井住友カードNL申し込み

【三井住友カード(NL)】申し込みはコチラ

【dカード】申し込みはコチラ

dカード」は100円で1ポイントもらえる還元率1%の高還元率のカードです。

ahamoとも相性抜群なので、ahamoお使いの方はオススメのカードです。

1.「dカード」申し込み

→→→dカード新規発行はこちら

 

2.「dカード GOLD」申し込み

→→→dカードGOLD新規発行はこちら

【エポスカード】スタートは平カードかゴールドカードかどっちがお得?

エポスカード を作る際に、平カードから作った方がお得か、ゴールドから作った方がお得かYouTubeの視聴者様が計算して下さりました。

是非、参考にして見てください。

さて私は先日、love howksさんが配信された「エポスカード “平カード”より“ゴールド”から申し込みの方がいい?」を拝見しました。

その内容に「なるほど~っ!」と大変驚くと同時に、どんなケースならゴールドからの申し込みが良いのか・お得なのか、具体的に知りたくなりました。

そこで自分なりに試算してみましたので、ご報告いたします。 完全に私の趣味の世界です(笑)

【前提】

①平カード、ゴールドカードとも、利用開始の2ヶ月目以降に前月利用分のポイントを獲得する。

②平スタートの場合、50万円利用を超えた翌月からゴールドにグレードアップする。

③ゴールドの年間利用ボーナスポイントは、50万円達成月の翌月に2,500ポイントを加算する。更に50万円、年間累計100万円達成の翌月に追加の7,500ポイントを加算する。

以上を踏まえ、平スタート、ゴールドスタート、それぞれの獲得ポイントを比べてみました。

ただし、変数要素が多すぎるため、特定の条件を設定した比較としました。

まず、 年間利用が50万円未満で、ゴールドも年間ボーナスポイントがもらえないケースです。

【条件A】

・平カード、ゴールドカードとも、毎月40千円・年間48万円を利用する。

・ゴールドカードは月40千円のうち、50%の20千円を「選べるポイントアップ 3ショップ」(以下「3選」)で利用する。 1年間のポイント獲得推移はグラフAのとおりです。

平カードは2ヶ月目から毎月200ポイント(0.5%還元)を獲得し、13ヶ月目で2,400ポイントが貯まります。

一方のゴールドは2ヶ月目から基本の200ポイントに加え、3選の200ポイント(40千円×50%×1%)の合計400ポイントが貯まり、13ヶ月目で4,800ポイントになる計算です。

しかし、年会費分のマイナス5,000ポイントからのスタートですので、年間獲得4,800ポイントでは差し引きマイナス200ポイントとなり、更に13ヶ月目には2年目の年会費マイナス5,000ポイントが発生してしまいます。

条件Aを2年続けた場合がグラフA’です。 平スタートが毎年着実にプラス2,400ポイントを獲得するのに対し、ゴールドスタートは毎年マイナス200ポイントを重ねることになります。

条件Aから次の結果がわかりました。

◇年間50万円未満の利用であれば、平カードスタートが有利

※念の為、年間48万円で3選を100%利用した場合を確認しました。

結果はグラブA’’です。

この場合、ゴールドスタートの年間獲得が7,200ポイント、年会費分を引いてもプラス2,200ポイントとなり、26ヶ月以降は累計がプラスに転じます。

しかし、それでも平スタートの累計獲得ポイントには及ばず、年間50万円未満なら平スタートが有利という結果は同じです。

※また、現実問題として、年間48万円を利用すれば平スタートにゴールドのインビテーションが到来する可能性が高いと思われ、そうなれば年会費無料で3選ポイント獲得の権利を得ることになりますので、50万円未満の利用ならますます平スタートが有利です。

では次に、年間50万円以上利用、ゴールドには年間ボーナスポイントが加算されるケースです。

f:id:saimuseiri2017:20210604160628p:plain

f:id:saimuseiri2017:20210604160644p:plain

f:id:saimuseiri2017:20210604160659p:plain

f:id:saimuseiri2017:20210604160713p:plain

f:id:saimuseiri2017:20210604160944p:plain




【条件B】

・平カード、ゴールドカードとも、毎月42千円・年間50万円を利用する。

・ゴールドカードは月42千円のうち、50%の21千円を3選で利用する。

1年間のポイント獲得推移はグラフBのとおりです。

ゴールドスタートは平スタートの獲得ポイント数を下回る期間が続きますが、12ヶ月で利用50万円に到達し、13ヶ月目に年間ボーナス2,500ポイントが加算され、これによりトータルで2,540ポイントとなります。

13ヶ月でようやく平スタートを追い越すこととなります。

この時、僅か20ポイントですが、ゴールドスタートが優位に立ちます。

条件Aを2年続けた場合がグラフA’です。 平カードでスタートした場合でも12ヶ月で50万円以上の利用となるため、13ヶ月目以降はゴールドカードとなり、3選ポイントも貯まり始めます。

条件Bから次の結果がわかりました。

◇年間50万円・3選50%の利用なら、どちらから始めても13ヶ月以降はほぼ同じ

では、ゴールドスタートが有利になるのはどんなケースなのか?

それを探るべく、次の2つの条件を確認しました。

f:id:saimuseiri2017:20210604160756p:plain

f:id:saimuseiri2017:20210604160811p:plain

f:id:saimuseiri2017:20210604161002p:plain

f:id:saimuseiri2017:20210604161016p:plain


【条件C】

・毎月84千円・1年間に100万円を利用する。

・ゴールドカードは84千円のうち、50%の42千円を3選で利用する。

この条件ですと、グラフC、C’が示すとおり、長い目で見た場合では、やはり結局はどちらのスタートでも大差はありません。

f:id:saimuseiri2017:20210604161224p:plain

f:id:saimuseiri2017:20210604161235p:plain

f:id:saimuseiri2017:20210604161249p:plain

f:id:saimuseiri2017:20210604161300p:plain

【条件D】

・毎月84千円・1年間に100万円を利用する。

・ゴールドカードは84千円の100%を3選で利用する。

この結果がグラフD、D’です。

利用開始7ヶ月目以降は、完全にゴールドスタートが優位に立ちます。

条件C、Dの確認により、次のことがわかりました。

◇年間100万円利用でも、3選利用率が50%なら、どちらのスタートでも累計獲得ポイントはほぼ同じ

◇年間100万円利用し、そのほとんどを3選で利用できるなら、ゴールドスタートが有利

※グラフは省略しますが、年間50万円利用(条件B)で3選を100%とした場合も、ゴールドスタートが有利であることがわかりました。

以上から、「エポスカード:平 or ゴールド、どちらのスタートが有利か」の検証結果は次のとおりとなりました。

◆年間50万円未満の利用であれば、平カードスタートが有利

◆年間50万円又は100万円以上の利用であっても、3選利用率が50%ならどちらのスタートでも大差なし

◆年間50万円又は100万円以上を利用し、そのほとんどを3選で利用できるなら、ゴールドスタートが有利

それでは、引き続き興味深い動画配信をよろしくお願いいたします。 日々楽しみにしております。

f:id:saimuseiri2017:20210604161443p:plain

f:id:saimuseiri2017:20210604161452p:plain

f:id:saimuseiri2017:20210604161502p:plain

f:id:saimuseiri2017:20210604161513p:plain

エポスカード申し込みはこちら

エポスカード申し込みはこちら